マンスリーマンションとは?

マンスリーマンションという言葉はよく聞いたことがあると思いますが、普通の賃貸と何が違うのでしょう。通常賃貸は年単位での更新ですが、マンスリーマンションは名前の通り、一ヶ月更新をするっていうことです。他に敷金礼金・仲介手数料がない代わりに、管理会社によっては保証金や出て行く時に必要な清掃代も取られるとこがあります。敷金礼金・仲介手数料に比べればだいぶ安い金額です。物件は、単身者向けのワンルームが多いです。

マンスリーマンションのメリット。

マンスリーマンションのメリットは、家具家電が付いているので身軽に引越しができることです。そして、わざわざ家具家電を買いそろえる必要がなく、仲介手数料等もないので最初の初期費用を安く抑えることができます。短い期間での仮住まいとして使いたい人には、もってこいですよ。他にも、転々と拠点を変えての生活をしている人にはいいかもしれませんね。地方毎に管理会社が違うことが多いのです。辺鄙なとこだと、マンスリーマンションがない場合もありますので注意です。

マンスリーマンションのデメリット。

マンスリーマンションのデメリットは、メリットで書いたように短期にはもってこいですが、長期には不向きで割高です。家具家電が付いているので、身軽に引越しができるのですが、その家具家電代も賃料に含まれているので、長期で住むのであれば家具家電は自分で買って賃貸の方がオススメです。部屋の種類も賃貸の方が豊富です。一人暮らしをする際は、住む期間が長期なのか短期なのかまず考えてから賃貸にするかマンスリーマンションするかを決めた方がいいと思います。

マンスリーマンションのメリットは、月単位で契約することが出来ることです。単身赴任等に便利なシステムです。