少子化によって保育士の仕事は減る?

お年寄りの多い高齢化社会は、同時に子供が少ない少子化も意味します。子供の数が少なくなれば、当然、それに関わる仕事も減ってくると思うかもしれません。保育士は子供に関わる仕事の代表格と言えます。ただ、少子化が問題にされる現在でも、保育士の求人が激減するという現象は起こっていません。求人サイトでも、隅に追いやられることなく、むしろ保育士専門の求人情報サイトが出てきているほどです。このような背景には、どのようなことが関係しているのでしょうか。

保育士の需要が増えている理由

子供の数が減っているにも関わらず、保育士の需要が増えているのには理由があります。例えば、女性の社会進出により、働く女性が増え、その分保育士を必要とする施設が必要とされていることです。国としても、児童の待機時間をなくす方向で保育施設の規模が拡充されていますし、それにおける補助金なども割り当てられています。しかも、それでも現段階では対策が遅れていると言われているほどで、保育士の仕事は将来的にも安定したものになる可能性が高いわけです。

保育士の仕事は大変で責任も大きい

仕事を決める上で安定性は大切です。その意味では、保育士の仕事は今後、ますます需要が増えることが考えられます。しかし、大変な仕事でもあるので、安定しているからと安易に決めるのは良くありません。保育士になるには、資格や実務経験など様々なものが必要になります。旗から見ると、子供の世話をしているだけのように見えますが、子供の命を預かる責任の大きい仕事なのです。しかし、その分やりがいもあり、子供と接するのが好きな人にとっては天職と言える仕事でもあります。保育制度がしっかりしていれば、親も安心して働けますよね。そんな重要な保育士業界の躍進に期待したい所です。

保育園の求人は主に市の広報誌で募集することが多いです。しかし園によっては急遽募集したい場合など、都合によっては園の外の見える場所に掲示し求人することもあります。