専門の資格が必要な職場に就職する。

子育て中は子どものさまざまな身の周りのものにお金がかかるため、子どもを保育園に預けて働きたいと思う人も多いと思います。子育て中は、子どもの病気や行事などで何かと休みをもらったり、勤務時間が限られているため、採用されにくかったり敬遠されがちな傾向にありますが、看護師や薬剤師や保育士など専門の資格があれば、子育て中で勤務時間や勤務できる日が限られていても採用されやすく、自分に合った職場に就職がしやすくなります。

求人が多い職種に就く。

業種によっては、非常に求人が多いものもあり、特に介護系はどこの職場でも常に人手不足に悩んでいます。そのような職種は、少しでも勤務できる時間がある人を求めるので、採用のハードルが低い傾向にあり、勤務時間や勤務できる日が限られていても採用されやすいです。また、夏のお中元の売り場など、期間限定での求人もあり、その期間は多くの人を必要とするため、採用されやすい傾向にあります。例え、自分が未経験の職種でも、求人の多さで選ぶのもいいと思われます。

職場に子連れで行ける仕事をする。

子育て中ということもあり、希望する勤務条件に合った職場を見つけるのはなかなか難しいことだと思いますが、中には子どもを連れて仕事をすることができる職場もあります。勤務先に、託児所が併設されていたりする職場を選ぶのもいいですし、チラシ配りなどのポスティングや配達などの仕事であれば、子どもを連れて仕事をすることも可能です。現在は、保育園の空きもないところが多く、子育て中の人が仕事を見つけるのは大変だと思いますが、自分に合った仕事を探して楽しく子育てと仕事を両立しましょう。

子供が幼稚園や小学校に入ったのをきっかけに働き始める主婦は多くなっています。1日3~5時間勤務を週3日程度、扶養控除範囲内で働ける仕事が、主婦のパートとして特に人気があるようです。